SBS GROUP

ニュース

本日より新センターで業務開始

2013年05月07日

PDF記事のダウンロードはこちら

 音楽媒体などのパッケージソフトの3PLを手がける日本レコードセンター株式会社(社長:片野浩一、本社:神奈川県厚木市)は、本日より新センター「厚木三田DC」(神奈川県厚木市)にて業務を開始しましたのでお知らせいたします。

 厚木三田DCは、市内3か所に分散していたセンターなどを集約した延床面積約1万5千坪の大型物流センターです。連休中にSBSグループ各社の支援を得て、大型トラック延べ700台、フォークリフト50台を動員して移転を完了、本日より業務を開始しました。

 新センターは、CDやDVDなどの音楽・映像商品、約15万アイテム、1千5百万枚を保管、管理します。1日の入出荷量は10tトラックで約30台分、北海道から沖縄まで全国3千か所の音楽ショップやビデオレンタル店などに配送を行います。

 新センターでは、多品種少量商品に最適なマテハン機器の導入、フロア配置やレイアウトなどで効率と品質の大幅な向上をめざします。物流波動にも集約前に比べ柔軟な要員配置で対応可能となるほか、アメニティの充実など職場環境改善による間接効果も期待できます。

日本レコードセンターWEBサイト

 当社は、新センターにおいて、これまで培った多品種少量物流の技術をさらに向上させ、お客様の満足度向上に努めてまいります。また、当社の強みを活かし、多品種少量商品を取り扱うメーカーやネット通販などの新しいお客様の獲得をめざしてまいります。

物流サービスに関する
お電話でのお問い合わせ
営業部
046-289-5509

受付:月~金 AM9:00-PM5:30

このページの上へ戻る